建材の特徴

木材

 主要な木材産出地は、本島北部、石垣島於茂登岳、西表島など限られており、これらの地域は首里城など大規模建築物の建設・改修や木材需要の増加に対応する主要な供給地となりました。一般民家を建築する際は、集落周辺の山林から切り出すことも多く、こうした用材の確保も、建築を依頼した棟梁に頼むことが多かったようです。
 一般民家の場合の木材の処理法として、建設に着工するまでの貯木も兼ねて、海岸などで潮干(スーカン)が行われました。これは半年から数年に及ぶ期間、砂浜に穴を掘って用材を埋めておくもので、虫がつきにくくするとか、材を硬くして変形やひび割れを防止するなどの効果があるとされています。
 イヌマキ(チャーギ)は沖縄における主要な建築用材であり、強度や耐久性に優れている一方で、生長が遅く、大径材を確保することが困難です。柱、梁などの構造材のほか、家具などにも用いられ、あえて加工を施さずに雨端柱として利用されることも多くみられます。
 フクギは屋敷林として植えられることが多く、材質的にねばりがある反面、ひび割れたりねじれたりなどの欠点もあります。一般的には小屋組みの束や梁など目立たない部分に使用されました。
 モッコク(イーク)は芯材でなくても強く、細木でもねばりがあり、柱や梁、屋根桁、垂木に利用され、皮付きでも使用できます。昔は奄美大島から沖縄本島に運ばれることも多かったようです。
 しかし、今日の古民家に最も多く用いられているのは、本来沖縄になかった杉です。柱、大引、根太、梁、桁などのほか、天井材、床材、壁材としても用いられ、まさに万能の用材として重用されています。

雨端(アマハジ)

雨端(アマハジ)裏側

石材

 石材としては、サンゴ礁が変質・造岩された琉球石灰岩が主材料であり、軟らかく加工しやすいため、柱や壁、屋敷の石垣等に広く利用されています。雨端柱の礎石にはノウサンゴの石化したものが好んで用いられますが、これは水はけがよく、柱の腐食が防止されると考えられていたからです。また、細長く切り出した石灰岩を柱として用いることもあり、これはイシバーヤと呼ばれています。

屋根材(瓦材)

 瓦は大別すると赤瓦とセメント瓦があり、赤瓦は17世紀末頃に導入され、首里城正殿の再建がその最初の例だとされています。制限令が撤廃されて以降は庶民の間にも急速に広まり、瓦製造業も産業化されるようになりました。
 赤瓦は気孔率が高く断熱効果がある点が特徴です。牡瓦と牝瓦の2種の組み合わせで葺き、つなぎには粘土を用います。重なりの長さは屋根勾配によって異なり、6寸勾配で5.5寸、5.5寸勾配で4.5寸の重なりとなります。屋根を葺いた後、3カ月ほど経ってから漆喰を塗って固めますが、これは下地塗り、中塗り、仕上げ塗りの順で行われます。屋根裏換気のためにイーチミー(息道)という換気口が取り付けられることもありました。
 瓦は大別すると赤瓦とセメント瓦があり、赤瓦は17世紀末頃に導入され、首里城正殿の再建がその最初の例だとされています。制限令が撤廃されて以降は庶民の間にも急速に広まり、瓦製造業も産業化されるようになりました。

赤瓦

セメント瓦

テンプレートのpondt